ワキガの対策で使うクリームは市販品でも効果があるの?

ワキガの臭いを抑えるためのデオドラントクリームは一応、近所の薬局などでも購入することができます。ドラッグストアにずらっと並んでいるデオドラント用品や制汗剤の中にはワキガの対策のできるクリームというのは存在するのでしょうか。市販品で購入することができるワキガの対策に使うクリームは安いし気軽に買うことができるのでとても便利なのですが、ワキガに効果がないと意味がないんですよね。

市販品でワキガに効果があるもの

市販品でワキガに効果があるクリームというのはあるものなのでしょうか。人気のエイトフォーやBanなどのデオドラント用品は「効能・効果」の部分にワキガと記載はしてあるのですが、実際のところワキガの臭いをしっかりと抑えることができたという喜びの声はあまり聞いたことがありません。ただし、軽度のワキガの症状の人の場合は市販品のワキガクリームでもワキガの臭いが消えたという話は聞いたことがあります。しかし、市販品のクリームではワキガの消臭効果が長く持続しないのです。

ワキガに効果のあるクリームの特徴

ワキガの対策にしっかりと使えるクリームというのは市販品にはないイメージがあります。基本的に安値のクリームというのは、ワキガの臭いを抑えるということはできません。安値の市販品のクリームというのは、ワキガの対策に必要な成分が完璧には含まれていません。高いワキガのクリームと安い市販品のクリームとの大きな違いは値段が違うだけではなくて、クリームに含まれている成分自体が大きく異なります。ワキガに効果があるとされているクリームには、必ず強い殺菌作用のある成分と制汗作用のある成分が含まれています。例えば、強い殺菌作用のある成分といえば「イソプロピルメチルフェノール」や「柿渋エキス」です。強い制汗作用がある成分といえば「パラフェノールスルホン酸亜鉛」です。

ワキガのクリームには保湿成分も必要

市販品のワキガのクリームで含まれていることがほとんどない成分が「保湿成分」です。ワキガ対策のイメージとしては、ワキが乾燥していた方が良いのかと思いがちですが、ワキガの対策に肌の乾燥は禁物なのです。肌は乾燥することで皮脂を必要以上に分泌します。皮脂はワキガの臭いを悪化させていくものなので、必要以上分泌されないほうがいいものなのです。そんな時に必要になってくるのが保湿力です。保湿成分で肌を保湿することで必要以上の皮脂を分泌することがなくなるのです。

香り付きはワキガにはタブー

ワキガの対策に使うクリームというのは無香料がおすすめです。市販品の制汗剤やデオドラント用品というのは香り付きのものが多いですよね。香りがついているものをワキガの対策で使うとワキガの臭いと混ざってしまって余計に強烈な臭いになってしまうのです。市販品は石鹸の香りとか多いですよね。もちろん市販品でも無香料のものもあります。

市販品は脇汗対策までなら効く

市販品は効果がないというイメージがついてしまっていますが、ワキガには効果が発揮されないけれど普通の脇汗の対策ならば効果が発揮されます。ワキガではなくて一般的な脇汗の臭いの対策などならば市販品のクリームでも十分に効果があります。最近の市販品のクリームはとても良いものもたくさんあるのです。ただし、それはワキガには効果があらわれないというだけです。ワキガの対策をする場合は市販品ではなくて、ネットで販売されているワキガ対策に特化したクリームを使用していくことをおすすめします。市販品と比べると値段は高いものになりますが、ワキガの臭いをしっかりと消臭する効果があるものです。効果の持続時間も長いので安心です。